ミラグロAG

オリンピックアスリート 杉谷 泰造 選手

乗馬飛越競技オリンピック最多出場選手

杉谷泰造

アスリートにとって目が命。
特に馬術は屋外が多いい競技で、紫外線を多くあびている中、遠近のフォーカスが求められます。

最近は携帯とPCを見る回数が特に増え、目に負担がかかっているのが良く感じられます。特に、朝起きた時に目が重く、ぼやけて見える事が多い気がします。

ミラグロを飲み始めて1ヶ月がたちますが、驚くぐらいに朝の目覚めと、かすみと重みがましになりました。特に緑の色が鮮やかに見えるようになりました。 45才になり、まだ現役でやっていますが、これから目の老化が進む中、まだまだ現役で続けていくつもりなので本当にミラグロに出会えてとても嬉しく思っております。

経歴

1976年6月27日生まれ / 大阪府和泉市出身

障害馬術選手。

祖父・川口宏一、父・杉谷昌保と三代続けてオリンピック・馬術競技日本代表を務め、2016年リオ・デ・ジャネイロでは、オリンピック6大会連続出場の日本記録を樹立。

6歳で馬術競技を始め、ジュニア選手権優勝、国体優勝、そして全日本選手権制覇など、国内トップクラスの大会で数々の入賞を果たし、17歳で渡欧。オランダの元チャンピオンライダーHenk Nooren(ヘンク・ノーレン)氏に師事し、活躍の舞台を国際大会に移す。 2000年にラスベガスで行われた、ワールドカップ・ファイナルでは、日本人最高位記録となる15位、さらに2010年の世界選手権ケンタッキー大会では世界のトップ10に入り、その実力を証明した。 現在は日本とドイツを往復しながら、世界最高峰の大会を中心に転戦を続けている。

杉谷泰造

オリンピック

出場年 開催地 / 成績
2016 Rio de Janeiro - リオ・デ・ジャネイロ Imothep  64位 / Team13位 BRA - ブラジル
2021 London - ロンドン Avenzio 3   33位 GBR - イギリス
2008 Beijing (Hong Kong) - 北京(香港) California 45   29位 CHN - 香港
2004 Athens - アテネ Lamalushi   15位 / Team12位 GRC - ギリシャ
2000 Sydney - シドニー Mania Jolly   25位 / Team 11位 AUS - オーストラリア
1996 Atlanta - アトランタ Countryman   62位 / Team 15位 USA - アメリカ

※2004年アテネオリンピックでの15位は戦後日本人最高位。

※2016年リオ・デ・ジャネイロオリンピックでの夏期五輪6大会連続出場は日本記録。

World Equestrian Games ― 世界選手権

出場年 開催地 / 成績
2014 Normandy - ノルマンディ Avenzio 3   73位 / Team25位 FRA - フランス
2010 Kentucky - ケンタッキー Avenzio 3   10位 / Team14位 USA - アメリカ
2006 Aachen - アーヘン Obelix   55位 / Team18位 GER - ドイツ
2002 Jerez de la Frontera - ヘレス Lamalushi   21位 ESP - スペイン
1998 Rome - ローマ Mania Jolly   39位 / Team14位 ITA - イタリア
1994 The Hague - ハーグ Countryman   66位 / Team18位 NED - オランダ

※2010年ケンタッキー世界選手権では、個人決勝5位、総合成績では自身初となる世界のトップ10入りを果たす。

World Cup Final ― ワールドカップ・ファイナル

出場年 開催地 / 成績
2007 Las vegas - ラスベガス Caitano        34位 USA - アメリカ
2000 Las vegas - ラスベガス Mania Jolly        15位 USA - アメリカ

※2000年ラスベガスワールドカップファイナルでの15位は日本人最高位。

Asian Games ― アジア大会

出場年 開催地 / 成績
2014 Incheon - 仁川 Avenzio 3   3位 / Team3位 KOR - 韓国
販売店募集

TOP